白ニキビのうちに対処を | クリンダマイシンゲルは大人ニキビによく効くお薬です
menu

白ニキビのうちに対処を

白い錠剤と黄色い錠剤

大人ニキビには初期症状というものがあります。
それは白ニキビと呼ばれる状態です。
白ニキビは比較的治りやすい状態とも言われています。
毛穴のなかにコメドと呼ばれる皮脂が溜まって起こるのですが、これがまだ炎症になっていないのが白ニキビです。
痛みも痒みもなく、ただ皮脂が毛穴に溜まっているという状態なのです。
炎症すれば重症化してかなり厄介なのですが、白ニキビの状態はそれほど大ごとではありません。
たとえばニキビは潰すと悪化するなんてよく言われますが、この状態のニキビはただ潰しただけでは重症化しません。
潰したあとに細菌が入り込んで繁殖する可能性があるため、潰すのはオススメしませんが……。
また、痛みや痒みを感じないからといって潰すと、白ニキビにみえたそれが重症化したものだった…ということもあり得ます。
この場合痕が残ってしまう場合もありますし、何より更なる炎症にもなりかねないので注意しましょう。
なので、白ニキビのうちに対策するのが大切です。潰さず、薬で早期の対処をしましょう。
この段階のものは比較的治しやすく、クリンダマイシンゲルを用いれば2,3日足らずで治るといいます。
クリンダマイシンゲルは抗菌作用があるので、毛穴内で最近が繁殖するのをふせぎます。